アートメイク後にかゆいのはなぜ?原因や対処法を紹介

アートメイク後にかゆいのはなぜ?原因や対処法を紹介

アートメイクは身体への負担も少なく、顔の印象をはっきりしたり、化粧の手間を省いたりできる施術です。

昨今注目を集めており、受けてみたいという方も多いのではないでしょうか。

ただ、かゆみのような術後の症状も報告されており、不安な方もいると思います。

そこで今回はなぜアートメイク後はかゆいのか、かゆい場合どうしたらよいかなどを詳しく解説していくで参考にしてみて下さい。

アートメイクとは

アートメイクとは専用の針で皮ふの浅い部分に色素を注入する施術です。

それによって眉の形を整えたり、アイラインを書いたりすることができます。

皮ふ下の深い部分に色素を入れる入れ墨とは違い、新陳代謝によって少しずつ色が薄くなっていくことが特徴です。

一般的に1~2年程度効果は持続すると言われており、薄くなってきた場合は改めて治療を受けるリタッチを受ける方も少なくありません。

アートメイクの後はかゆくなる?

施術の特性上、アートメイクは針で皮ふを刺すことになります。

その刺し傷が治癒し「かさぶた」ができるのですが、そのタイミングでかゆみが現れるケースが多いです。

かさぶたが取れて傷が残ったり色素が落ちたりする可能性があるので術後1週間程度は強く擦ったりしないようにしましょう。

かゆくなる原因

◎ダウンタイムの症状

施術の傷が治癒するまでの期間をダウンタイムと呼びます。

その期間はかさぶた以外にも腫れや内出血などで神経が刺激されてかゆみが起こる可能性があります。

◎アレルギー

メイクアートの色素を含む薬剤が体に合わなかった場合、アレルギーを起こすことがあります。

身体が薬剤に対して拒否反応を起こし、かゆみが現れます。

◎感染症

治療用の針が汚染されていたり、術後に手で擦ったりして傷口に菌が入ると感染症を起こすことがあります。

その場合は傷跡が炎症を起こし強いかゆみや痛みが起こる可能性があります。

かゆみが続く期間

ダウンタイムの症状が原因の場合は、その症状が落ち着けばかゆみも消えています。

ダウンタイムの期間は部位によっても異なり、個人差もありますが、基本的には2~3日程度、長くても1週間程度であることが多いです。

その期間を超えてかゆみや痛みが続く場合はアレルギーや感染症を起こしている可能性があるため、医師に相談しましょう。

アートメイク後にかゆい場合の対処法

◎ワセリンで保護する

施術直後のかゆみは傷が治癒している証拠でもあります。

無意識に引っ掻いたりしなように、ワセリンを塗って保護するようにしましょう

◎かゆみ止めを処方してもらう

かゆみが強くて我慢できない場合はクリニックに相談してかゆみ止めを処方してもらいましょう。

また、市販の薬や自前のかゆみ止めを自己判断で使用すると、思わぬトラブルを招く可能性があるので、絶対にしないで下さい。

◎クリニックに相談する

かゆみが長引く場合は感染症やアレルギーなどのリスクがあります。

ダウンタイムの期間を超えて、強いかゆみが続く場合は我慢せずにできるだけ早くクリニックで相談するようにして下さい。

また、適切な判断をしてもらうためにも信頼できるクリニックで治療を受けることが重要です。

アートメイクでおすすめのクリニック

いかがでしたか

今回はアートメイクに伴うかゆみについて紹介してきました。

傷が治る際の自然な現象なので過度の心配は要りませんが、長引く場合はクリニックに相談しましょう。

また、感染症やアレルギーなどのリスクを避けるためにも、経験豊富な技術のあるクリニックを選ぶことが大切です。

コラムカテゴリの最新記事