自分でアートメイクは危険?セルフで行うリスクを詳しく解説!

自分でアートメイクは危険?セルフで行うリスクを詳しく解説!

近年、アートメイクは大流行中です。そのため自宅で簡単に行いたい!という方も増えていると言われています。

しかし実際にはセルフで行って失敗してしまった、取り返しのつかない状態になってしまったなどといった声も挙がっているのです。

そこで今回はセルフアートメイクについて詳しく説明していきます。

そもそもセルフでアートメイクできるの?

世の中には、アートメイクに必要なものがネットに出回っています。そういった物を使用し、セルフでアートメイクを行う方も居ると言われています。

しかし実際はどうでしょう。セルフでのアートメイクを行うことでさまざまなリスクがあると言われているのが現実です。

そこで下記ではセルフアートメイクの危険性を記載していきます。

セルフアートメイクの危険性

①万が一の失敗でも落とせない

大前提として知っておいて欲しいことは、「失敗したら落とせない!」ということです。万が一、自身で行い、納得のいかない状態や左右非対称になってしまった場合でも、メイクのように落とすことは不可能です。

クリニックで修正をお願いしなければいけないので、財布への負担がかかってしまうことになります。

②感染症が起こる場合も

アートメイクは医療行為ということもあり、クリニックで行う場合使用するものを清潔に保ちながら施術を行います。

セルフで行うと医師や看護師が行っている消毒方法などとは異なり、細菌に感染する恐れがあります。

細菌に感染すると皮膚が化膿してしまうなどといったことが起こってしまうのです。

③染料に問題があることがある

クリニックで使用するものとは異なり、商品に問題があるケースがあります。

特に海外からのものを使用して、変色してしまうなどといった事例や金属が含まれているといった事例があると言われています。

④最悪の場合、失明や怪我をする

セルフの場合でも細心の注意を払って行うと思います。しかし、何かの振動などで眼球に、、などといったことも起こる可能性ゼロではないのです。

また、アートメイクは針を刺す深さが重要です。素人が行う場合そういったことが分からず、深く刺しすぎてしまうといったことも起こりかねません。

内出血を起こしたり皮膚に問題を起こしたりする場合もあるでしょう。

クリニックで受けるべき!

セルフで行うアートメイクにはさまざまな危険が潜んでいます。そのためクリニックで行うことが、成功の近道です。

東京、大阪、名古屋などにはアートメイクを行うクリニックがいくつも存在します。ぜひいちど相談してみてください。

おすすめのクリニックを紹介



いかがでしたか?

今回はセルフアートメイクについて説明してきましたが、いかがでしたか?

自宅で手軽に行えるため、「やってみたい!」と挑戦してみる方もいらっしゃるでしょう。しかし、アートメイクは医療行為です。そのためクリニックで行わなければさまざまなリスクも高まります。

そのためより納得のいく状態になるよう、おすすめのクリニックに記載したような場所で受けることをおすすめします。

コラムカテゴリの最新記事