アートメイク直後は濃くなる?その理由や対策法について解説

アートメイク直後は濃くなる?その理由や対策法について解説

アートメイクの直後、眉毛が濃くなる場合があることを知っていましたか?施術を行っている方の中でもそのようなことは知らずにトラブルになってしまったという方も存在するほどです。

そこで今回はアートメイク直後に施術部位が濃くなる理由やその対処法について解説していきます。

アートメイクをしたら眉毛が濃い・・

アートメイクを行ってから、思ったより濃くなってしまった!という経験を持つ方はいませんか?実は、施術直後にイメージと異なるほど濃くなってしまうケースがあるのです。

なぜそうなってしまうのか3つの理由を紹介していきます。

なぜ濃くなってしまうの?

塗料が濃い

アートメイクでは、イメージより濃い色を使用することで色素を定着させる場合があります。

施術後はかさぶたになるのですが、それと一緒に色素も落ちてしまうからだと言われています。

そのため色素が抜けた際にイメージしていたカラーになるようにしているため、直後が濃くなるのです。

機械を使用し施術を行った

アートメイクには、「手彫り」と「機械彫り」があります。
手彫りの場合はペン型の器具を使用し、描くように仕上げていきます。

機械彫りの場合はその名の通り、専用の機械を使用して色素を入れて仕上げていきます。

機械彫りは手彫りと比較すると塗料が滲みやすく、べったり貼り付けたようなイメージになってしまうこともあるのです。

技術不足

カラーだけでなくデザイン性にも言えることですが、治療を行う医師の実績などがないと、イメージとかけ離れた仕上がりになってしまう恐れがあります。

これに関しては事前に医師やクリニックについてリサーチしておくと良いでしょう。

対処法について

一般にはアートメイクはかさぶたが取れると、ともに色素も落ちると言われています。また、その後にようやく肌に馴染んでいくのです。

だからと言って、無理矢理剥がしてしまってはいけません。色素が定着せずムラになってしまう可能性が考えられます。

また、かさぶたがとれても色素が抜けない場合は、上記で説明したように、医師の技術力などが関係している恐れもあります。
その場合はレーザー治療や切除法などが必要でしょう。

おすすめのクリニック



いかがでしたか?

アートメイク直後に濃くなってしまう理由やその対処法などについて詳しく説明していきましたが、いかがでしたか?

もちろん上記で説明したもののほかにも、濃くなる理由などはあるでしょう。しかし、仕上がりから納得のいく状態にしてもらうためには、やはり医師の技術力は無くてはならないポイントです。

この記事ではおすすめのクリニックも合わせて記事を掲載しているのでぜひ参考にしてみてくださいね。

コラムカテゴリの最新記事