アートメイクはやり直しできるの?修正したい場合の方法とは

NO IMAGE

アートメイクを行ったけれどなんだか納得いかない、逆に思うようにいかなかった場合のことを考えて施術を受けられない、そのような方はいませんか?

今回はアートメイクのやり直しについてを解説していきます。おすすめしたいクリニックも紹介しているのでぜひ参考にしてみてくださいね。

アートメイクが気に入らない・・

アートメイクは針で色素を入れているので1度施術を行うと、メイクのように落とせなくなってしまいます。そのため納得の行かないデザインやカラーになってしまうことで、悩んでしまう方もいらっしゃいます。

特に眉毛は、時間の経過とともにカラーが抜けてしまったり、思っていたイメージよりも濃くなり眉毛だけ浮いてしまったりすることもあります。また、アイラインの場合は思っていたよりも太く不自然になってしまうなんてこともあるのです。

アートメイクは医療行為でもあるためきちんと資格を持った医師が治療を行います。しかし中には、技術力や経験が乏しい医師が治療を行った結果、やり直しをしなければいけないような状況が起こってしまうことも事実です。

クリニックで行う修正

思うようなイメージにならない、あるいは色落ちしてしまった場合は下記のようなケースで対応してもらえることがあります。

①リタッチを行う

仕上がりはすごくよかったけれど、時間が経過するとともにカラーが薄くなってきたり変色したりするケースがあります。

また、時間の経過とともに形が非対称的になったり、イメージよりも細かったりする場合もあるでしょう。

その場合はリタッチを行えるクリニックも多いです。念の為、施術を行う前に確認をしておくと安心です。

②レーザーで除去

納得がいかない場合、レーザーで色素を破壊し除去することが可能です。

肌にダメージを与えにくいところがメリットでもありますが、繰り返しレーザーを当てないと完全に除去することが難しいのでそういった点がデメリットにもなります。

セルフで行う修正

①化粧品を使用してカバー

リタッチに行くのは難しい、そこまでではないけど少し気になるという方にはコンシーラーの使用も可能です。

コンシーラーにもさまざまな種類があるのでカバー力のあるものを使用しましょう。

②アイラインの場合はエクステを

気になる部分がアイラインだという場合は、まつ毛にエクステをつけることで気にならなくなるという方もいます。

ただ、こちらもお金がかかるのでリタッチの金額と照らし合わせて検討してみることをおすすめします。

③タトゥー除去のクリームを使用

タトゥー除去クリームを塗って肌のターンオーバーを促すことも可能です。

明るいカラーに行う方が効果的と言われています。

しかし、効果が見られるまでに期間を要することになるので速攻性を求める方には向いていません。

医師の技術力によってやり直しはなくなる?

アートメイクは時間の経過とともにカラーが薄くなってしまうケースがあります。それは自然現象でもあるので仕方がないとも言えます。

しかし、デザインなどにおいて納得できないという方の意見には、医師の技術力が乏しい、カウンセリングが曖昧だったというような口コミも非常に多いです。

そのため、施術を受ける前は医師の経歴を含めカウンセリングの対応もきちんと確認してから選択するようにしましょう。

おすすめのクリニック



いかがでしたか?

今回はアートメイクのやり直し・修正について説明をしてきました。いかがでしたか?

多少気に入らない場合はコンシーラーなどで目立たなくさせることが可能です。しかし、デザインやカラーそのものが気に入らない場合は、やはり修正を行わなければいけません。

そうなると肌に負担をかけるだけでなく、金銭面においても負担になってしまいます。やり直しを避けるためにも、今回紹介した、おすすめのクリニックでまずはカウンセリングを受けてみてください。

コラムカテゴリの最新記事